TOEIC&英会話の勉強法!留学なしで英語をペラペラにする!

帰国子女でない純日本人が留学をせずに、TOEICや英会話を上達させるための勉強法をお伝えしていきます。

TOEIC全般の対策法と勉強法

TOEIC公式ボキャブラリーブックとは?発売日と予約や中身!評判とレビュー

投稿日:2019年5月29日 更新日:

>>私のTOEICのスコアが、900点を超えた秘密はこちら➡

TOEIC公式ボキャブラリーブックに関する情報

TOEIC公式ボキャブラリーブック

「TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック」というもの、ご存知でしょうか。

「TOEICは公式問題集が正義」といわれているように、試験を作成する機関が出版している参考書や問題集はスコアアップにとても効果があります。

公式ボキャブラリーブックについて、皆さんにも紹介していきましょう!

 

公式ボキャブラリーブックとは?

 

公式ボキャブラリーブックとは、TOEICを作成しているETSが出版する単語帳。

発売日は2019年の6月21日。

1000語の単語がピックアップされていますが、やはり公式からの出版ということもありクオリティが高いです。

過去のテストから単語を厳選しているので、頻出の単語をバッチリインプットできます。

それぞれの単語に音声と例文がついているので、単語を実践的に学べます。

 

公式ボキャブラリーブックはどんな人向け?

 

1000語ということで、単語の量としてはさほど多くありません。

この1冊で単語を網羅するというのは、まず不可能でしょう。

基礎的な単語から危うい人は、そこを徹底的に対策していくのが先です。

 

ある程度は英語を勉強したけれど、TOEIC特有の単語にニガテ意識がある・・・。

そんな人にとっては、公式ボキャブラリーブックが大きな力になるでしょう。

TOEICで頻出の単語のみをピンポイントで勉強できるので、スコアに直結します。

 

英単語を勉強する上で一番大切なこと

 

英単語を勉強する上で常に意識しなければいけないのは、「うろ覚えにならない」ということ。

多くの人が頑張って英単語を覚えているとは思うのですが、いざ試験で単語を見ると意味を思い出せないという人が多いです。

人間はインプットしてもすぐに忘れてしまう生き物ですから、それを理解しておかなければいけません。

その上で「自分のノルマの倍は勉強する」くらいの気持ちで、単語の暗記に取り組んでみてください。

2回3回の暗記ではなく、10回、15回と繰り返し単語に触れていきましょう。

そこまで勉強しても記憶に定着しなかった時に、初めて「単語が覚えられない、どうしよう」と悩んでください。

 

TOEIC公式ボキャブラリーブックの情報まとめ

 

・2019年の6月21日発売

・ETSが出版する単語帳

・英語はある程度勉強したけれど、TOEICの単語にニガテ意識がある人におススメ

>>TOEICで900点を超えた、私の勉強法を教えます➡

-TOEIC全般の対策法と勉強法

執筆者:

関連記事

no image

TOEICのスコア、リスニングの方が高い!リーディングが低い!簡単なのはどっち?

TOEICのスコアはリスニングの方が高くなりやすい?   TOEICのスコアが返ってくるとまず、リスニングとリーディングのスコアの差を見ますよね。 リスニングのスコアの方が高く、「自分はリス …

TOEICテスト究極のゼミpart2&1/3&4/5&6/7の評判と難易度!勉強法と音声のダウンロード方法も

TOEICテスト究極のゼミの難易度と効果的な使い方 TOEICの参考書の中でも、トップクラスの人気を誇るのが「TOEICテスト究極のゼミ」。 私も「part2&1」、「part3&4」 …

no image

TOEICを受ける頻度はどれくらいがベスト?1年に何回?毎回受験するのもあり?

TOEICを受ける頻度はどれくらいがベスト?   TOEICは開催される頻度が高いですから、どれくらいのペースで受ければ良いか迷ってしまいますよね。 そこでここでは、スコアを最速で伸ばすため …

TOEICの公式問題集の使い方&おすすめの勉強法!1ヵ月でリーディング&リスニング力アップ

TOEICの公式問題集の使い方&勉強法 TOEICの勉強をするときに、誰もが手にするのが公式問題集。 インターネット上でも、公式問題集こそ正義だと言われています。 では実際に、公式問題集をどのように勉 …

システム英単語TOEICテストの評価とレベル!勉強法&音声の使い方

システム英単語TOEICテストの評判と覚え方   システム英単語TOEICテストとは   システム英単語TOEICテストとは、大学受験で有名なシステム英単語のTOEICバージョン。 …