TOEIC&英会話の勉強法!留学なしで英語をペラペラにする!

帰国子女でない純日本人が留学をせずに、TOEICや英会話を上達させるための勉強法をお伝えしていきます。

TOEIC全般の対策法と勉強法

TOEIC公式ボキャブラリーブックとは?発売日と予約や中身!評判とレビュー

投稿日:2019年5月29日 更新日:

>>私のTOEICのスコアが、900点を超えた秘密はこちら➡

TOEIC公式ボキャブラリーブックに関する情報

TOEIC公式ボキャブラリーブック

「TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック」というもの、ご存知でしょうか。

「TOEICは公式問題集が正義」といわれているように、試験を作成する機関が出版している参考書や問題集はスコアアップにとても効果があります。

公式ボキャブラリーブックについて、皆さんにも紹介していきましょう!

 

公式ボキャブラリーブックとは?

 

公式ボキャブラリーブックとは、TOEICを作成しているETSが出版する単語帳。

発売日は2019年の6月21日。

1000語の単語がピックアップされていますが、やはり公式からの出版ということもありクオリティが高いです。

過去のテストから単語を厳選しているので、頻出の単語をバッチリインプットできます。

それぞれの単語に音声と例文がついているので、単語を実践的に学べます。

 

公式ボキャブラリーブックはどんな人向け?

 

1000語ということで、単語の量としてはさほど多くありません。

この1冊で単語を網羅するというのは、まず不可能でしょう。

基礎的な単語から危うい人は、そこを徹底的に対策していくのが先です。

 

ある程度は英語を勉強したけれど、TOEIC特有の単語にニガテ意識がある・・・。

そんな人にとっては、公式ボキャブラリーブックが大きな力になるでしょう。

TOEICで頻出の単語のみをピンポイントで勉強できるので、スコアに直結します。

 

英単語を勉強する上で一番大切なこと

 

英単語を勉強する上で常に意識しなければいけないのは、「うろ覚えにならない」ということ。

多くの人が頑張って英単語を覚えているとは思うのですが、いざ試験で単語を見ると意味を思い出せないという人が多いです。

人間はインプットしてもすぐに忘れてしまう生き物ですから、それを理解しておかなければいけません。

その上で「自分のノルマの倍は勉強する」くらいの気持ちで、単語の暗記に取り組んでみてください。

2回3回の暗記ではなく、10回、15回と繰り返し単語に触れていきましょう。

そこまで勉強しても記憶に定着しなかった時に、初めて「単語が覚えられない、どうしよう」と悩んでください。

 

TOEIC公式ボキャブラリーブックの情報まとめ

 

・2019年の6月21日発売

・ETSが出版する単語帳

・英語はある程度勉強したけれど、TOEICの単語にニガテ意識がある人におススメ

>>TOEICで900点を超えた、私の勉強法を教えます➡

-TOEIC全般の対策法と勉強法

執筆者:

関連記事

TOEIC800点の時の手応え!700点台との違い!何問正解?時間はあまる?解き終わる?

TOEIC800点の時の手応え!時間はあまる? 私のスコアが700点台だったころ、「800点を取るときって、どれくらいの手応えなんだろう」と気になっていました。 そこで800点台を初めて取った時の手応 …

TOEICで900点を超えたの手応えと感覚!何問ミス?何パーセント正解?素点は?

TOEICで900点を超えたの手応えと感覚 私もTOEICで900点を超えるまでは、「900点なんて取れないよ・・・」と思っていました。 そんな私が910点を取ったとき、テスト中にどんな手ごたえを感じ …

TOEICの英単語の覚え方のコツ&勉強法!単語力は重要!必要な単語数は?

TOEICの英単語の覚え方のコツ&勉強法   英語の勉強といえばまず最初に、英単語が頭に思い浮かびますよね。 とりあえず英単語を覚えるところから勉強をスタートする人も多いでしょう。 そこでこ …

no image

TOEICの当日の持ち物は?証明写真や時計、飲み物、筆記用具、受験票は忘れないように!

TOEICの持ち物リスト!忘れ物がないように!   TOEICの試験当日、忘れ物をしてしまう人も意外と多いようです。 私は忘れ物をしたことはありませんが、友達や会場の人で、忘れ物をしてしまう …

TOEICテスト新形式精選模試は難しい?評価&評判は?難易度/レベルと使い方&勉強法

TOEICテスト新形式精選模試の難易度と使い方 TOEICの新形式の公式問題集を解き終えて、さて次は非公式の問題集に進もうと思ったとき。 Amazonや楽天でひときわ評価が高かったのが、「TOEICテ …