TOEIC&英会話の勉強法!留学なしで英語をペラペラにする!

帰国子女でない純日本人が留学をせずに、TOEICや英会話を上達させるための勉強法をお伝えしていきます。

TOEIC全般の対策法と勉強法

TOEICを受ける頻度はどれくらいがベスト?1年に何回?毎回受験するのもあり?

投稿日:

>>私のTOEICのスコアが、900点を超えた秘密はこちら➡

TOEICを受ける頻度はどれくらいがベスト?

 

TOEICは開催される頻度が高いですから、どれくらいのペースで受ければ良いか迷ってしまいますよね。

そこでここでは、スコアを最速で伸ばすためのTOEICの受け方についてお伝えしていきましょう。

 

TOEICは短期間で攻略しよう

 

TOEICは1年に10回も開催されていて、全て受けることもできます。

しかし2020年度からは1回の受験料が6,490円(税込)と決して安くはありません。

リピート割引を使っても、5,846円(税込)。

10回受けたら6万円ほどかかってしまう計算になります。

 

費用や時間の節約のためにも、TOEICは短期間で集中して攻略した方が良いと私は考えています。

正直なところTOEICの勉強はそんなに楽しくないですし、ダラダラ続けているとどんどんやる気も落ちてしまうでしょうからね。

TOEICを早く攻略して英語の土台を固めて、そこから英会話など実践的な勉強へ進んでいくと良いでしょう。

 

TOEICを受ける頻度はどれくらいがベスト?

 

TOEICは1ヵ月半に1回ですから、集中して勉強する際には毎回受けるのも良いかと思います。

私は700点の時に、「どうしても900点を取りたい」と本気で集中して、3回連続で受験しました。

「1か月後までにここまでやってから、次のTOEICを受ける!」と明確な目標が立てられたので、本気で頑張れたのだと思います。

試験が数か月後となってしまうと、「まだしばらく時間があるな」と感じてしまい、勉強にも気合が入りません。

 

「ここまでできたら次のTOEICを受ける」と考えるのではなく、まずは試験日を決めてください。

そして「次の試験までにここまで頑張るぞ!」と目標を立てて、勉強を進めていきましょう。

TOEICはモチベーションを高めて、集中して勉強していくととがとても大切です。

 

何度も受けすぎると、マンネリ化する可能性も

 

毎回のようにTOEICを受けてしまうと、「また次頑張れば良いや」という感じで、マンネリ化してしまう可能性があります。

試験当日の緊張感も、少しずつ薄れていってしまうでしょう。

こうなってしまうとスコアがかなり伸びにくくなってしまうので、受験を一度やめてみるのも1つの手。

落ち着いて「どうすればスコアが上がるか」を分析し、リセットして気持ちを変えてTOEICに臨んでいくと良いですね。

 

TOEICを受ける頻度についてまとめ

 

・TOEICは毎回受けると、時間も費用もかなり大きくなる

・短期集中で、一気に攻略してしまうのがベスト

・何度も受けすぎてしまうと、マンネリ化してしまう可能性がある

>>TOEICで900点を超えた、私の勉強法を教えます➡

-TOEIC全般の対策法と勉強法

執筆者:

関連記事

金のフレーズのアプリの評判と口コミレビュー!本との違いは?どっちがおすすめ?Android版が無い?

金のフレーズのアプリの評価と効果的な使い方 最近は便利な時代で、TOEICの教材もアプリ化されているものが多くなってきています。 有名な金のフレーズもアプリ化され、スマホ1台あればTOEICの勉強がで …

no image

新TOEIC TEST単語特急2 語彙力倍増編の勉強法&音声の使い方!評価/評判も

単語特急2 語彙力倍増編の評価と勉強法   単語特急2 語彙力倍増編とは   単語特急2 語彙力倍増編はPart5に出題される、難しい語彙問題を対策するための問題集。 Part5で …

銀のフレーズの使い方とアプリ音声の勉強法!難易度・レベルは?金のフレーズとどっち?違いは?

銀のフレーズの使い方とアプリを使った勉強法   銀のフレーズとは?   銀のフレーズとは、有名な金のフレーズの基礎・基本バージョン。 多くの人が愛用しているだけあって、レイアウトも …

TOIECは新形式から難化しすぎ?難易度が上がって難しい?スコア落ちた?対策法!

TOEICは難化してる?TOEICマニアの私が回答 TOEICは新形式になってから、以前と比べて難化しているという声が聞かれます。 実際のところはどうなのでしょうか。 TOEICを旧形式・新形式ともに …

TOEICのマークミス&ずれの対策法!ケアレスミスや選択肢の読み間違え、塗り忘れも

TOEICのマークミス&ずれの対策法 TOEICは時間との戦いになりますから、どうしてもマークミスやケアレスミスをしてしまいがち。 私も以前はあまり気にしていませんでしたが、模試を解いて丸付けをしてい …