TOEIC&英会話の勉強法!留学なしで英語をペラペラにする!

帰国子女でない純日本人が留学をせずに、TOEICや英会話を上達させるための勉強法をお伝えしていきます。

TOEIC全般の対策法と勉強法

TOEICの正答率とスコアの関係!素点の換算の目安!ミスしても満点?何問正解で何点?

投稿日:

>>私のTOEICのスコアが、900点を超えた秘密はこちら➡

TOEICの正答率とスコアの関係

 

TOEICは素点がそのままスコアになるわけではないので、イマイチ目安が分からないですよね。

「何問くらい正解したら、目標のスコアが取れるんだろう」と疑問に思うこともあるでしょう。

そこでここでは、素点とスコアの目安をお伝えしていきます!

 

TOEICのスコアの仕組み

 

TOEICは単純に、素点を何倍かしてスコアを出しているのではありません。

試験の難易度によって有利・不利が出ないよう、受験者の平均点を考慮してスコアを算出しています。

ですから年10回の試験、どのタイミングで受験してもスコアがとりやすい、とりにくいということは基本的にないでしょう。

 

TOEICの素点とスコアの目安

 

基本的にリーディングのスコアは、リスニングと比べて平均点が低くなっています。

リーディングとリスニングの素点が同じだった場合、リスニングの方がスコアが高くなる可能性が高いです。

 

リスニングセクションの目安

 

97~100問正解→495点
90問正解→460点
80問正解→410点
70問正解→365点
60問正解→310点
50問正解→250点
40問正解→190点

 

リーディングセクションの目安

 

99~100問正解→495点
90問正解→410点
80問正解→380点
70問正解→320点
60問正解→245点
50問正解→180点
40問正解→150点

 

上記を見て頂いても、リスニングセクションの方が点数がとりやすいことが分かります。

またリスニングセクションであれば、数問ミスしても満点が取れるんです。

 

目標のスコアを取るためのバランス

 

目標のスコアが800点以内であれば、ある程度はリスニングの勉強に比重をかけても良いでしょう。

リーディングセクションは最後まで解き終えるのがとても大変ですし、なかなかスコアが伸びにくいですからね。

一方で800点以上のスコアを目指すのであれば、スコアのバランスを整えていかなければいけません。

いくらリスニングのスコアが高くても、リーディングのスコアが低いと、800点を超えるのはかなり厳しくなってきます。

そのため800点以上を目指すのであれば、リーディングセクションを最後まで解ききれるよう、トレーニングをしていきましょう。

 

TOEICの素点とスコアの目安まとめ

 

・受験者の平均点によって、スコアが調整される

・リスニングセクションの方がスコアがとりやすい

・800点以上を目指すのであれば、スコアのバランスが大切

>>TOEICで900点を超えた、私の勉強法を教えます➡

-TOEIC全般の対策法と勉強法

執筆者:

関連記事

TOEICで集中力が続かない人、眠気に負ける人の対策。長すぎる時間でも雑念を無くすために

TOEICで集中力が続かない人に伝えたい対策法 TOEICは2時間ぶっ通しの試験で、途中で集中力が途切れてしまう人も多いでしょう。 私も前はそうでした。 途中で別のことを考えてしまったり、眠くなってし …

TOEICで900点を超える方法!スコアアップする勉強法!効率の良い勉強のやり方はこれ

TOEICで900点を超える方法!私が900点を超えるまで   この文章はかなり長く、多くの人が途中で読むのをやめてしまいます。 「どうしてもTOEICのスコアを伸ばしたい!」と言う人は、絶 …

TOEICの初心者におススメの参考書・問題集・単語帳!文法/リスニング&リーディングも

TOEICの初心者におススメの教材を紹介   TOEICをこれから勉強しようと思うと、どの参考書や問題集を選べばよいか迷ってしまいますよね。 書店に行ってもTOEIC関連の本は山ほどあります …

TOEICのスコアが伸びない!頭打ちで伸び悩む理由!点数が落ちた?壁を越える勉強法

TOEICのスコアが伸び悩む理由と対策法 あるときまではスコアが伸びていたのに、全然伸びなくなった・・・。 最近はスコアが伸びるどころか、落ちてしまう事も・・・。   私も実はTOEICのス …

TOEICのマークシートの塗り方のコツ!おすすめの鉛筆&シャーペン、消しゴムはこれ!

TOEICのマークシートの塗り方とおすすめの筆記用具 TOEICは時間との戦いですから、マークシートを塗るのにかかる時間で、スコアが変化する可能性もあります。 特にTOEICの時間制限を厳しいと感じて …